ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

白い鴉は、宝を目の前で壊され… (レイヴン、今回は空気っぽい)


してやられました。

てな訳で現在気管支炎中フーレイです。アンダーグラウンドチルドレン第六回分のEテイルがようやく到着しました…が、今回は大失敗ですね。というのもPCさんの中に裏切りがあるとか見抜けなかったのが敗因かなぁ。結果から言えば装置はぶっこわれましたし『ウォッチ・タワー』は事実上ボロボロの状態です。てかレイヴンの空気っぷりや空気を読まない発言は泣けます、いや、マジで。あと傭兵なんだからもうチョイ気をつけろよというのも本音ですがそこはまぁ、僕のプレイングがあかんだったわけで正直キツイ展開になっています。看守PCさんが洗脳されているし、囚人PCさんの1人(たぶん1人の筈)はAランク昇格で羨ましい限りです……(まぁ、同じ組織の人間なのでそこはよしなんですが)。次回GPは当てはまるものが1つしかない状態なのでせめて一矢報いたいです。

てか…レイヴンは『フェブルゲルミル・オルデン』に戻れない気がする。

というのも真実を知る為に監獄へ行ったのにすぐ脱獄し、『ウォッチ・タワー』と行動を共にした時点でね。一応レイヴンとしては情報を纏めてどうにかしたいのが本音ですが……。監獄で何が起こっているのかは…まぁ、他PCさんから聞いたことにすれば知っている、でもいいかもしれないけどねぇ…。それだとサプリメント関係がなー(遠い目)。とりあえず次回服用時は死亡する可能性もありそうです(体が適応しなかったらランクアップ以前の問題で心臓発作おこしそう)。

レイヴン・スノウ
「確かにこりゃ、誰も手ぇつけないよな」
 どうにか仲間に追い付いたレイヴンはヒジリやヴァルタリオン(共にPCさん)、ダイヤモンド(NPC)たちと共に電波ジャック装置の回収に乗り出した。地下水路をたどる中、少しずつ調子を取り戻したレイヴンはヴァルタリオンと共に追手を撃退するも、微妙に甘い。ヒジリがそれを危惧している中、一行は電波ジャック装置へとたどり着く。ドラム缶の中だったらたしかに誰もわからない。しかしあと少しの処でカリシア(PCさん)が邪魔をする。彼は内通者は誰かと問い、ダイアモンドは「自分達も内通者が誰なのかわからない」と答える。用済みとばかりに電波ジャック装置を破壊したカリシアは立ち去り、後に残されたのは壊れた機械と茫然となる一行だった。

 一方、ラオ(PCさん)とヨルムンガンドは逮捕され、事実上何もかも失った状態となった『ウォッチ・タワー』一行。まだできる事がある、とヴァルタリオンはいいレイヴンが抱えた装置を覗き込む。彼女いわく、それには闇市などでしか手に入らない部品があるという…。

 監獄に戻った戦士は、戦いの中で覚醒し、『ウォッチ・タワー』の知らないところで看守の1人は洗脳され謎の女性と共に歩く。『国民音楽祭』の裏側で黒い怨念が渦巻き、静かに「『ウォッチ・タワー』を殲滅してこい」という命令が下される。そう、JJの口から。

レイヴンたち『ウォッチ・タワー』の知らないところで、歯車は徐々に狂いだしていた。

 …てな感じで今回どうでしょう?てかね…看守さんが洗脳ってシーンはめっちゃ妖しいんですけど?!なんかそれってえらいエロっぽい気がするけど気のせいよね?気のせいよね??大切だから2度言うたわ!!正直言って次の展開が困るな。一応死ぬ気で例のサプリメント飲んで戦うような展開もありそうです。目指せ、ラストあたりでのAランク入り。あと欲を言えばネスパでのイラスト化(仲間PCさんと一緒に)。

次こそは頑張るぞ!!




レイヴン「…してやられた」

んー、そうだよねぇ。一応なんかはめられた気もしないでもないよね…。
次だ、次。『ウォッチ・タワー』もどうにか建て直さないとねぇ。

レイヴン「そうだな。あと、一人称が前回のミスしてる」

うん。「オレ」なのに「俺」ってなってるもんね。

レイヴン「……あと口調、テイルで微妙に」

それは言わない約束です。

レイヴン
「次回予告。
 何もかもを失った『ウォッチ・タワー』と壊れた装置。
 白い鴉は腕に抱えたそれを見つめ、自分にできる事を考える。
 しかし、知らない場所では暗雲が立ち込め、一行には牙が迫る。
 アンダーグラウンドチルドレンXX『第七回Eテイル』
 もうどーにでもなーれってのにはまだ早い。絶望は人生で一度限りなのだから」

れ、レイヴンや、ラストのシメはおかしくないか?
あとマスターとしてはレイヴンに第六回でE13にいってほしかったんだろかな…。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2009-11-07 16:33 | PBM関連 | Comments(0)