ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

どうする?どうなる?追撃戦! (ニル・ギー・サク・イク・レイ放送局!)


ニル「なんだか緊張しますねぇ」
ギー「俺はもう決まっていると思うんだけどなぁ~ん」
咲乱「という訳でおはようございます。今日はリアイベか否かが今日の朝八時半までの
   投票によって決まる異例の事態っ!これでなかったら俺たちの仕事もない訳で」
イク「まぁ、それはそうなのだが。
   追撃戦がある→勝利したとしても戻れないかもしれない
   追撃戦がない→未来の冒険者と長年を生きた本人たちによる戦いが?
   となっている」
レイ「……」(わくわく)
ニル「レイヴンさん、今、何気に『戦いたい』オーラだしましたよね?よね?」
ギー「ニルギン、そこはあきらめるなぁ~ん。奴は意外に好戦的だなぁ~ん」
サク「まぁ、俺としては無い方がいいわけなんだが」
イク「悔恨の憂いを立つという意味では追撃した方がいいのかも知れん。
   が、戻ってこれない可能性があるとなると……ディートの事もあるし」
レイ「しかし、討っておかなければ、後々面倒な事になりかねない」
ニル「だから迷ったんですよねぇ。どっちにしろ、戦いますけれどねぇ」
ギー「とりあえず結果を待つしかないなぁ~ん」
咲乱「二人とも投票を済ませているようだな」
イク「ニルギンはかなり悩んだようでな、最初のうちは投票しないことも考えたらしい」
レイ「とりあえず、今は静かに結果を待つ。オレたち3人には何もできない訳だから。
   戦となれば応援するしかないだろ?」

(午前8時 10分ごろ更新)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ニル「結果が出ました。えーっと、『1443対669』で、追撃戦ですね」
ギー「約2倍だなぁ~ん。予想通りだなぁ~ん」
咲乱「で、今回は二人とも結局『追撃』を選んだんだっけ?」
イク「未来に残したくない、という思いの方が勝った訳だな、うん」
レイ「戻れるように、頑張ってこい、うん」
ニル「で、今回、私は魔石のグリモアを攻撃して動きを鈍らせる所存です。
    弱点とか、進行をさらに遅らせるヒントとか見つけられたらいいのですが」
ギー「俺はマインド防衛だなぁ~ん。攻撃を攻撃で相殺できたらいいなぁ~ん」
咲乱「二人とも、頑張ってくれよ。未来がかかっているんだからさ」
イク「しかしだ。地獄が融合していくと考えるとそれはそれでちょっと怖い気も」
レイ「何もかもが1つ、想像すると混沌だなぁ」
ニル「ええ。王妃が魔石のグリモアと融合して蝶のような姿になっていて……。
    ある方は蛾だと言っていましたけど、まぁ、どちらでもいいんです。
   ……私の仲間を邪魔するならば排除あるのみですから」
ギー「いつになくニルギンが怖いなぁ~ん」
咲乱「とりあえず、10時までにプレイングってのがうれしいな。
    あとは30分みたいだけど…」
イク「早く決着をつけないと、ヤバいことになる。戻れるようになる為にも、な」
レイ「俺も戦いたい。多分、生き残れる……」

(午前9時 36分ごろ更新)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ニル「とりあえず、単騎はやめておけと言われました。
    どうしましょうかねぇ」
ギー「俺はちょっと心当たりがあるのでそこへ行くなぁ~ん」
咲乱「単騎よりかは、そっちがいいとは思うけどな……」
イク「攻撃ばかりが行動ではない。重傷者搬送手伝いとかもあるしな」
レイ「とりあえず待つしかないのがじれったいな、うん」

(午前10時 24分ごろ更新)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ニル「結果来ましたか。さて、第二ターンですよ」
ギー「俺もニルギンも大丈夫なぁ~ん。次はなるべく【未来を紡ぎし剣と盾】で行く
    なぁ~ん」
咲乱「原点に戻った訳か」
イク「それにしても、迷うよな…行動」
レイ「赤い蝶と聞くと某ゲームを思い浮かべる、とか背後が言っている…」
ニル「今回は二人ともマインド防衛に。守らないと、大変な事になりますから」
ギー「戻れなくなるなぁ~ん。帰れなかったら、俺たちは……」
咲乱「てか、さ。あの赤い蝶ってまさかモチーフがあれに思えるのは、相手が
    地獄の王妃だからですか?」
イク「だからといってあのゲームが元ネタはないだろう!」
レイ「だったら面白いけれどな。双子…か」
ニル「いえ、多分あり得ませんから」
ギー「でも、赤い蝶。俺の首筋にもあるなぁ~んよ?(DW化したら)」
咲乱「でかいけど、うつくしいけど、俺の恋人や同盟・銀誓館の女性陣のほうがもっと
    綺麗だぜ!!」
イク「……馬鹿は放っておくとして。がんばるしかないな」
レイ「戻れるように、早く討たないと……」

(午前11時 22分ごろ更新)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ニル「ふぅ、とりあえず結果が時期に出ますかねぇ」
ギー「未来のための大勝負!絶対に引けないなぁ~んよっ!」
咲乱「それはいいんだが、微妙に王妃が気がかり。いろいろ変化するっぽいし」
イク「微妙だな、そこらへんが、うん」
レイ「結果が楽しみ。眼鏡とメイドは元気みたいだけど…」
ニル「!! 貴方までそんな略の仕方をーっ!!」
ギー「眼鏡は眼鏡、メイドはメイド、だなぁ~ん」
咲乱「いや、それを言ったら元も子もない!」
イク「レイヴン、背後に感化されているな……。さて、結果を言ってもらおうか」
レイ「どっちも無事。
   王妃は死霊形態になって触手が生えてて微妙に雰囲気が夏なのか冬なのか」
ニル「まぁ、エロスを求めるのがそもそも間違いですから!
    さて、気合を入れてがんばってきますっ!」
ギー「王妃を直接攻撃で、倒したいなぁ~んよ。もし、倒せなかったら回復しちゃって
    最初かららしいなぁ~ん」
咲乱「また厄介な……。がんばってくれよ、先輩方」
イク「第一に蝶→触手というセンスがなんか…疑いたくなるな」
レイ「そろそろ締切か?きっと向こうは重い事になっているだろうな……」

(午後12時 53分ごろ更新)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ニル「なぜか大食堂はカオスです」
ギー「同盟クオリティーだなぁ~ん」
咲乱「まぁ、銀誓館(おれたち)の屋上もまぁ、カオスになるのが当たり前だしよ」
イク「こっちが平和だったんだな、そういった意味では」
レイ「?」←郵便媒体なのでそんなのがない。
ニル「そろそろ結果ですけど……あの王妃の変化はまだあるんでしょうかねぇ」
ギー「ありそうだなぁ~ん」
咲乱「結果が出た。二人とも無事だが、女王は貴獣形態になったらしい。
    わくわく動物ランドだね!」
イク「ガクガク動物ランド、の間違いじゃないのか?」
レイ「ガクブル動物ランド?」
ニル「月○ネタは置いててください。さて、次はどうしましょうかねぇ…」
ギー「うち漏らした時点でまずいことへなるなぁ~ん……。キマイラクイーン、
   結構強いなぁ~ん」
咲乱「さて、どうしたもんかねぇ。俺たちはなにもできねぇし。
    今までに散った戦霊たち、お願いだらか今を戦う皆に力をくれ……っ!」
イク「時間は2時半までだったな……どうする?」
レイ「選択に困るな……」
ニル「ええ。私たち2人はリーダーに従いますけれどね…」
ギー「なんでかノソリンがいるなぁ~ん」
咲乱「それがまた不思議だけど、やるっきゃねぇーか」
イク「武運を。俺たちは祈る!」
レイ「しっかしのこり15分。……プレ、間に合います様に」

(午後2時15分ごろ更新)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ニル「非常にまずい状態らしいです」
ギー「まぁ、その、触手じゃなくて王妃に集中したら、だなぁ~ん」
咲乱「次、うまくいってるといいんだけど。結果がそろそろだろ?」
イク「次どう動くかが問題だ。……悩みどころだが中途半端はいやだな」
レイ「途中撤退は悔しいが、戻る為にはいたしかたないということか」
ニル「ええ、そう言う事です。しかし、相手が想像以上に強かった、という事でしょう」
ギー「子孫に託すことになると思うと、胸が痛いなぁ~んよ…」
咲乱「あーっ!!銀誓館は別世界だしなぁ!行きたい……めっちゃ戦いたい!」
イク「それはできないぞ。お前や俺では相手にできん。レイヴンはひょっとしたら…」
レイ「フルパワーのスタンガン与えたい」
ニル「皆さんの気持ちはありがたいのですが……」
ギー「そう言えば、咲乱。そっちは選挙とか聞いているなぁ~ん」
咲乱「俺に投票権はまだ無い。フーレイは期日前投票してきたってさ」
イク「まぁ、留守番だしな」
レイ「フーレイの世界でも熱戦が繰り広げられ……」
ニル「そう言う事ですね。さて、結果が届いていますか…?」
ギー「とりあえず二人とも無事だなぁ~ん。続いて王妃攻撃だなぁ~ん」
咲乱「どたばたしていたみたいだな」
イク「行動を変えたみたいだしな」
レイ「……家に戻れるかな」

(午後3時54分ごろ更新)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ニル「えーっと、なんかマインド内で生活する際の事とかでてます~」
ギー「そうなったら大変なぁ~ん」
咲乱「いや、その、それはそれでカオスだ」
イク「作戦成功を祈りつつ……そろそろ結果か?」
レイ「どうなんだろう。気になるなぁ」
ニル「えーっと、大変申し訳ありません。私もギーエルさんも重傷です」
ギー「あいたたなぁ~ん……」
咲乱「はぁっ?! 同時に重傷かよっ!!」
イク「これはこれで珍しい展開になったな……」
レイ「俺が代わりに戦う」
ニル「残念ながらそれは無理です」
ギー「気持ちはありがたいけれどなぁ~ん。最後までいきたかったなぁ~ん」
咲乱「気持ちはわかるけど……二人とも無茶したな」
イク「さて、次はどうなるかな」
レイ「……また変身するのかな」

(午後5時7分ごろ更新)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

綾織 善牙(以下:善牙)
「まだ結果は出ていないみたいだな」
セウェールズ・アーバイン(以下:セウ)
「そうみたいだねぇ」
ハルモニウム・クラピカ(以下:ハル)
「ふぅ、これはこれでじれったいな」

ニル「…い、いつのまに」
ギー「データが消えたと思ったら……」
咲乱「うかつにF5とか押すからだろ。でも出たな…」
イク「もうすぐ結果が出ると思ってたが、先に彼らか…」
レイ「星のない人々」
善牙「それをいうな。まぁ、ニルギンとギーエルがえらいことになってるな」
セウ「だねぇ。戻ってこれるのか心配だね」
ハル「戻ってこないと困るけどな」
ニル「なんですけどねぇ」
ギー「これで、討てればいいんだけどなぁ~ん……」
咲乱「……ってまてよ。王妃最終形態
イク「うーん、そう来たか」
レイ「微妙においしそう」
善牙「それはどういう意味でだ、レイヴン!」
セウ「たぶんイートって意味だと思うよ?」
ハル「いやぁ、ここは絶対」

全員「FIGHT!ランドアース同盟軍!!」

(午後6時 34分ごろ更新)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ニル「えーっと、今度で多分終わるかと」
ギー「魔石のグリモアまで長かったなぁ~ん……」
咲乱「悔しそうだな……」
イク「まぁ、最後の決戦になるみたいだからな」
レイ「皆無事だといいな」
善牙「僕が調べた限りでは3人ほど死者が出ている」
セウ「今回は死者0だと思っていたんだが」
ハル「前のターンは耐えるという意見が多かった。
   次が攻撃のターンだろうな」
ニル「ええ、皆さんを信じて私は応援し続けますよ」
ギー「俺もだなぁ~ん。皆で生きて帰る為に!」
咲乱「俺たちも信じるぜ!な?」
イク「無論。皆でランドアースへ戻ってくるさ」
レイ「だから、こうして祈るんだ。信じるんだ」
善牙「頼む、ランドアースの冒険者。僕たち後輩に、勇士を見せてくれ!」
セウ「がんばれ、同盟軍!!」
ハル「たのむ、【希望を紡ぐ剣と盾】の皆!ニルギン、ギーエルの分まで闘ってくれ!」
ニル「皆さんに武運を!グリモアの加護を!!」
ギー「全力を振り絞れ、なぁ~んっ!!」
咲乱「死んでいった仲間達の為にも、待っている人々の為にも!」
イク「未来の子供達の為にも、消えたエルヴォーグの皆の為にも!」
レイ「そのためにも魂をかけるんだ!」
善牙「未来を紡げ。それがキミたちのやるべきことだ!」
セウ「貴方がたの願いがかないます様に!」
ハル「ディートの言葉…『みんな大好き』…つながってっ!!」

(午後8時 25分ごろ更新)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ニル「えーっと、ギーエル。なんかとんでもないことになりましたね」
ギー「だなぁ~ん。俺たち、帰る事できるなぁ~ん?」
ニル「さぁ。重傷でも出来ると思ってたら死ぬ可能性があるそうですね」
ギー「俺たち、どっちも重傷なぁ~ん…」
ニル「応援もできません。さぁ、どうしましょうか」
ギー「時間は30分しかないなぁ~ん」
ニル「どうしましょうかねぇ」
ギー「応援もないなぁ~ん」
ニル「・・・・・・」
ギー「・・・・・・」

(午後9時 45分ごろ更新)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ニル「あの戦いから一夜明けましたが」
ギー「あれはかなりまったなぁ~ん」
咲乱「結局、戻ってきたみたいだな。…皆には感謝だな、うん」
イク「二人とも、無事で何よりだ」
レイ「だが……今回も多くの冒険者が亡くなったという」
善牙「彼らの為にも、二人とも生きなくてはな」
セウ「ランドアースのもめごとは終わっていないし、まだまだ頑張らないと」
ハル「だから、気合入れないといけないぞ!」
ニル「そうですねぇ。ですが今は、休ませてくださいね」
ギー「その前に、まずは黙祷だなぁ~ん」
咲乱「それじゃあ、全員で……」

(黙祷中)

イク「全ての戦霊に、安らかな眠りがあります様に エイメン」(十字を切り)
レイ「後は生きてるやつらに任せてほしい」
善牙「これで『無限のファンタジア』の大きな戦はすべて終わりなのだな」
セウ「そう見たいだね。あとは終わりに向かって進むみたい」
ハル「こうしてみると、3人ともいろいろ頑張っていたんだね」
ニル「ま、まぁ……私は役に立てたかなどわかりませんけれど…」
ギー「俺もだなぁ~ん」
咲乱「俺から見れば三人とも頑張っていたと思うよ。3人のおかげで色々助かった
    人たちだっているしさー」
イク「もっと自信を持っていいと思う」
レイ「うんうん」
善牙「ところで、何でこんなに更新が遅くなったんだ?」
セウ「えーっと背後さんいわく
   『待ってる時間が長くて、待ちくたびれて眠かった!』
    だそうだよぉ」
ハル「……フーレイらしいというかなんというか」
ニル「と、ともかくこれで全て終わりました」
ギー「読んでくれた皆、ありがとうだなぁ~ん」
咲乱「と、言う訳で今回の放送はここまで!」
イク「たぶん、今度は咲乱のリアイベで会う事になると思うが…」
レイ「その時はその時でまたよろしく頼む」
善牙「では、締めのあいさつをやってもらおうか」
セウ「無限のファンタジアの戦争、お疲れ様でした!」
ハル「ニルギン、ギーエル、そしてディート、本当にありがとうっ」

ニル「そして【未来を紡ぐ剣と盾】のみなさん、一緒に戦えた事、誇りに思います」
ギー「ありがとうございました、なぁ~んっ!」

(31日 午前7時50分ごろ更新 終了)
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2009-08-30 08:10 | ニルギンの部屋 | Comments(0)