ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

シャボン・レイヴン


名前:シャボン・レイヴン(古代人・シタール/10歳)
年齢:10歳  身長:141cm
髪の色:瓶覗(かなり薄い水色)瞳の色:(右)緋色 (左)オレンジ
肌の色:小麦色 体格:ちょっと筋肉質
印象:やんちゃでかわいい
職業:科客(なりわい:護衛士)
出身:不明
一人称:ぼく 二人称:~さん(くん、ちゃん)、~さま、きみ、あなた。
話し方:元気一杯お子様口調「~だよね?」「~だよぅ」
口癖「家に帰れるよねぇ?」「もっと強く、優しくなりたいんだ!」

特性
体力(3) 精神力(6) 集中力(6) 筋力(4) 魔力(4) 神通力(1) 
魅力(6)

性格
 夢見がちだがやんちゃ。単純かつ一途で頑張り屋(褒められると頑張るタイプ。そし
てちょっと甘えん坊)。人懐っこくだれとでもすぐ打ち解ける。

スキル:武器使用(6)…身の丈ほどの大鎌(…ダメですか?)
    礼儀作法(4)…礼儀正しく
    強襲(3)…隙を突きます
    威圧(1)…子どもの範囲
    執筆(1)…稚拙ですが夢に溢れます
タレント:フィアー・カリスマ・第六感

気質:赤 守護神:気高きハルオス 信仰:黄金ラオス

自由設定
 大鎌を操る傭兵だったが偶然お忍びで歩いていた王族を救ったために腕を買われ、科
客となる。王宮での暮らしは窮屈だが、沢山の人がいて寂しくないので身を寄せている。
が…まだまだお子様なので本当の家族が居る場所が恋しいときも。誕生日は8月 17日。

 何とかしてもとの時代に戻りたい、と思っているがその瞬間を忘れてしまったために
思い出そうと必死。こっそりとだが元の時代に戻るための方法を探している。

 大鎌は刃が常に濡れたように光る事から「涙牙(るいが)」と呼ばれている。実は父
の鎌をこっそり持ち出していたのでちょっと良心が痛んでいたが今ではお守り。ちなみ
にフユノ・アトツキとジュキ・シグ・ニーは顔見知り。

 未来人(※地上人より未来の人間の方)に興味津々。そして皇帝は本当は苦手だった
りする。

 髪型はひじまでの髪をポニーテイルにしている。また、両腕に矢のような刺青を入れ
ている。額には十字架の刺青入り。

 外見に敵はだまされやすい。が、根は本当にまだ幼い子ども。時々宮廷の暗い部分を
見るとなんでだろう、と首を傾げる。聞いてはいけない事もあるだろうからノートに書
いて隠している。

イメージソング:Rhythm(GARNET CROW)
参加ゲーム:ファイアークロニクル 第一部

 時を越えてやってきた元気な男の子。それがシャボンです。……実はフユノと同じテイルだったりします。のちにご紹介するジュキも桃源郷でしたので荒野は誰もいっておりません。まぁ、荒野はよりシリアスだったイメージがあります。

 そしてこの子なんですけど……何気に皇族のボディーガード的な職業である科客だったり。最初のうちは地味な行動が主だったんですけど最後にはとある神様の手首を愛用の戦鎌でぱっきーん、と切って帰ってきちゃいました。うん、どんなプレイングを書いたか忘れたけど、当時これにちょっと驚いたような記憶があります。

 最初のうちは「同じテイルに2人かー。移動するにしてももう立ち位置もできているし」と少しだけ悩みましたが、ふたを開けてみればそれぞれたのしいことになったからいいなぁ、と思っています。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2009-07-31 21:23 | PBMのPC(分身)ファイル | Comments(0)