ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

シャッフルしてみました (新たなる?チームが始動)


冒険者の宿【水繰の剣亭】:57
パーティ・シャッフル!?

 ある日の午後。アンバーとアメジストが顔を突き合わせて何やら話しあっていた。美味しそうな匂いのするパンを食べ、果実酒を飲みながら、二人はのんびりと町を行く人々を見つつ。そして、ふと……アンバーはアメジストに問う。
「そういえば…提案って?」
「そう、提案だ。まぁ、何だ……互いの技術向上のためにだな、【六珠】と【珠華】のメンバーをシャッフルしてみないか、ってことなんだ」
アメジストの言葉に、アンバーは少し目を丸くする。狐の耳を一度震わせ、肩の上に乗せた霜の精霊、カロンとにやり、と笑う姿は実にそっくりだった。一方、アンバーは少し考え……口元を綻ばせる。
「面白そうだな……」
「だろう?オーダーはこんな感じで…どうだ?」
アメジストはそういいながら鞄から一枚の羊皮紙を取り出し、書いたメモを見せる。それにアンバーは目を通し……小さく頷いた。
「たぶん、バランス的にちょうどいいと思うよ。これで互いに協力できるといいな」
「ああ。凄く楽しみだ」
アメジストはそういいながらパンを口にし、瞳を細める。そして、羊皮紙をくるくる丸めながらアンバーはくすり、と笑った。

 そんなこんなでその日から数日。【六珠】と【珠華】は【六珠華・陽】と【六珠華・陰】に分かれて行動することになった。

【六珠華・陽】
リーダー:アンバー
メンバー:ネフライト、オニキス、コーラル、ジャスパー、トルマリン

【六珠華・陰】
リーダー:アメジスト
メンバー:サードニクス、タイガーアイ、パール、ヒスイ、クインベリル

以下、それを聞いたメンバーの感想。

ネフライト
「偶にはこういうのもいいんじゃないかな?
 それに……アンバーと一緒に依頼が受けられるのは嬉しいな」

オニキス
「……(思案顔)……パワーバランスあ悪くないかと……」

コーラル
「偶には別のメンバーと旅をするのも、悪くないね」

ジャスパー
「どういう風の吹きまわしかしら?
 まぁ、どっちにしろお金の管理は私にまかせてほしいわ」

トルマリン
「あらぁ、本を読んでいる間にこんな話が持ち上がっていたのね?
 なんだかちょっとドキドキしますわ」

サードニクス
「うーん、違うチームのメンバーと一緒……。
 仲良く仕事に打ち込めたらいいんだけど……緊張しちゃうよ」

タイガーアイ
「どんな仲間とであろうと、最善を尽くす。それだけです」

パール
「へへっ、面白そうじゃん? どっちにしろ、俺は面白ければそれでいいし?」

ヒスイ
「全く、アメジストもアンバーも……。
 私は、普段のメンバーで仕事を行った方がいいと思いますけれど。
 決まってしまったのならば、しかたないですね」

クインベリル
「うん、わかったわ。こういう経験も必要よね。
 でも、オニキスさんと同じじゃないのは寂しいな……」

(続く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

後書き
今回は何もプレイせず……むしろチームをシャッフルする、というお話だけにございます。
こんな風にすることにしたのは、実を言うとちょっとした遊び心でして。
まぁ、他のチームと協調性が取れるように、との訓練でもあります。

……約1名ご不満、約2名悶々? ですね。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2009-07-11 22:43 | 冒険者の宿【水繰の剣亭】 | Comments(0)