ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

突っ込みますが、遅いわ……(レイヴン、何気なく大人びてる?)


フィ「おお、やっときたか!」
ニル「そうですね。漸く『アンダーグラウンドチルドレンXX』体験版が
   届きましたねぇ」
カイ「ま、体験版だから本編とはもうちょい変わるんだよなぁ」
レイ「でも『ダブルチルドレン』というのと、性別と外見は決定らしい」
シオン(以下:シオ)
「……レイヴン…は、俺…と、違っ、て…すらすら…しゃべる、事が…で、きる」
フィ「おや、誰かと思えば」
ニル「CWのPCさんですねぇ。まぁ、フーレイさん曰くレイヴンさんとシオン
   さんはちょっと似ているらしいです」
カイ「しかしレイヴンはすらすらしゃべることができるな。あと、もともとは某ゲー
   ムで使っている主人公のイメージからだそうな」
レイ「うん。まぁ、記憶喪失はそのまま続行だけど幼稚退行に関しては考え中との事
   だ。キャラクター、このままでいくつもりらしい」
シオ「……しっか、し、レイヴンが、思っ、た……よ…り、かっこ…いい」
フィ「まーな。想像していたのは子供っぽい姿だし。あれはまともに兄貴分してるし」
ニル「ですねぇ~♪ しかしラストシーンは意味深ですね。
   あれからどうなったかが……」
カイ「まぁ、俺はガキの頃を思い出した気分。
   一応路上生活もしていたよーな記憶があるしなぁ。今思えばよくもまぁ、試験に
   受かって役所勤めができたもんだぜ」←元・御門衛士
レイ「……俺は新世界連合が嫌いだ。……俺の母さんを殺したから。
   ……エデンも……」
シオ「レイヴンは…、ちゃん、と、母親が、いるん……だな」
フィ「しかし、こいつの記憶はおぼろげだ。
   フーレイ曰く『誕生日と「母親が新世界連合に殺された」という記憶以外飛んでい
   るという設定にしようかな?』と考えている……らしい」
ニル「某ゲームでのPC設定をちょこちょこ組み込もうとしているあたりある種の根性を
   感じます」
カイ「おっ、送ったデータが戻ってきているぞ~。テイルを読むと組み込まれてるぜ」
レイ「……アルビノ?アルピノ?どっちだ?」
シオ「アル……ビノ…が、正し……い。
    とり……あえ、ず。テイル、レ、ヴューを……どんっ」

 エデンに生きるフリーのダブルチャイルド、レイヴン。彼はヨーロッパからエデンへと戻ってきたジェルコとともに新世界連合のエージェントから逃れようと走っていた。その途中で特殊PSI(サイ)能力【ピーピングトム(電波泥棒)】を発動させ、聞き覚えのない部隊名を聞く。その直後酷いノイズに見舞われ、脳裏には白い羽根が舞い降りるイメージが流れていた。

 逃げた先、転移してきたダブルチャイルド、アーリアン(PCさん)と出会う。3人はともに急速を取ることに。その時、他愛もない会話の途中彼女はジェルコに「この世界で何が一番欲しいか」と問う。黙り込んでしまったジェルコ。その時、ぽつり、とレイヴンは言った。
「力、それは力なのかもしれないな……」

 次の日の朝。3人は別々の方向へと動き出した。ジェルコは2人にいう。
―力がほしい。
それを聞き、レイヴンは何も言わずジェルコに背を向けて歩き始め、アーリアンは【跳んだ】。

フィ「白い羽根……天使のイメージが気がかりだな」
ニル「あ、ちなみにジェルコさんはNPCのようですねぇ」
カイ「……あとさ。同封された紙にこんなことが書いてあったぞ」
レイ「えと……
   『アンダーグラウンドチルドレンXX 体験版Ⅱ 4月 1日までに【登録セット
   参加申し込み】をされたお客さまだけに、もう一つの体験版をプレゼント!!』

   ……だって」
シオ「……現在は?」
フィ「2008年 4月 8日だな。 花祭りの日だぜぇ。あー、甘茶が飲みたい」
ニル「……どう考えても遅いですよね」
カイ「ま、第1回は5月だという。参加しようと思えば第1回から出来るんじゃね?」
レイ「……それが第2回からに…とも考えているらしい」
シオ「まぁ…無限、銀雨、AFOもある……からなぁ」

とりあえず、参加する所存です。
遅くとも3回目、早くて1回目からの参加で、PCはレイヴンでいきます。

おまけというか追記。
フィ「なにげなーくP.A.S.さんのHPを見たら
   『4月 10日までに【登録セット参加申し込み】をされたお客様』に変更されていた」
ニル「……HPはチェックしておかないと駄目ですねぇ」
カイ「とりあえず、レイヴンに関しては所属とかも未定。ただ新世界連合を嫌いつつもそこに
   所属する可能性もありえそうだな」
レイ「今回は『何もかもまっしろから始めたい』がコンセプトだそうな」
シオ「……イメージ、ソング、も未定、との……ことだ」
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2009-04-08 20:03 | PBM関連 | Comments(0)