ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

今回、自棄にはなりません (ニル・ギー、根性の対スイートメロディア戦)

しつこい用ですがふたたび引用。

「今にして思えば、我々はこの時既に選択を誤っていたのかもしれない…」
CWシナリオ『賢者の選択』(作:斎藤さん)より

 と、いうことでフーレイであります。ニルギンとギーエルは複雑な思いを持ちつつも「撤退したほうが」といったものの多くの人が決戦を選択。と、いう事で下。

来る3月 1日 (日曜日)

決戦、スイートメルディア…と相成りまして。

やるしかないのでもう、頑張ります。
何を言われても構わない、と二人は腹くくった模様です。
ニルギンはちょっとレイメイさんに胸の内を語りましたが。

 今回、僕の予想では『一度撤退して弱点を探る為に作戦をたてなおす』と思ったんですけど、やっぱりというべきか……冷静に考えなおせば、胸の奥では何か引っかかっていたのかもしれません。どっかでは「やっぱ戦いに傾くかなぁ~」というのが。『最後の戦い』の時は「もう後がないし、生きてほしいけど一矢報わずくたばるよりはマシ」というノリで言ってましたが今回は違います。まだ、猶予はあったはずです。あのスイートメロディアの性格を考えると驕りはあるんだろうが嫌味ではなく、彼女(?)から率先して人間せん滅をしよう、とかそんなノリは見えないので見逃すかなぁ、なんて思ったんですけれどねぇ。
甘いか。(自嘲)

ニル「・・・・・・ものすごく自己嫌悪です」
ギー「まぁまぁ、決まったことだしもうやるしかないなぁ~んよ。
    腹くくって戦い抜くしかないなぁ~んよ」
ニル「私は時々、貴女の超がつくほどのポジティブさが頗るうらやましくなります」
ギー「しっかりするなぁ~んよ。自己嫌悪になる必要はないなぁ~ん」
ニル「ふむ。とりあえず、頑張りますよ。愛する人がいますし、仲間もいますから。
    へこんでられませんよね」
ギー「その意気なぁ~んっ!」

 と、いう訳のお二人。その一方で俺はどうも富岡様があせっていらっしゃるように思うんですが。違うか。違うならいいんだ、うん。なんか銀雨一本に集中したいのかなぁ、とか勘ぐってしまいましたわ(遠い眼)。しかしまぁ、かわいい顔しているよ、あどけなくてかわいいよ、スイートメロディア。なんでまたドラゴンロードなんだろうねぇ。しかも、死なないし。とりあえず作戦では一発最終撃滅砲を放って、穴をあけて潜入とかとの事ですが……潜入するしかないみたいっすね。竪琴も再生することは目に見えていますが、同盟の無謀と戦(や)る気だけは今回も顕在な様子で。とりあえず、3月 1日はちゃんと朝9時前にはパソコンの前に座れたらいいなぁ……。

 あ、そうそう。今回は緊急だったのもあって作戦旅団はありません。長期リアイベの予感だったのにこんな形で別の方向へいっちゃいましたが、まぁ、倒したらまた『魔石のグリモア』へ目指して飛んでいくことだろうし。その為にでも頑張りますよ。あー、なんだろう。おかしいな。『最後の戦い』以来感じていなかった焦燥感みたいなものを胸に覚える。今回の戦いははっきり言って不利なのは承知。それで『決戦を挑む』って選択をするし。『撤退する』って答えを選んだ冒険者達の倍はあったけどさ、これを選んだからって臆病者ってわけじゃない。戦略的撤退を望んだ声があったってことは、みんなも覚えておいてよね。そして、これは『最後の戦い』とは違う。今回は負ければ交通手段を失う。……そのことを考えても『撤退』は有効なカードだったはずなんだってこと、忘れてはならない。第一に、こっちは友人いわく、ジョーカーを切っている訳だし今後ロードとの戦いではどうなるんだろうかなぁ、とちょっと不安だったりするけどね。

そいじゃ、3月 1日「ニル・ギー・サク・イク」放送局をご覧くださいっ!

※ディートはフラウウィンドにいるんで、この事は知りません。

ついでに。
銀雨は銀雨でアトリエの商品が増える模様。名刺だってさ。
これも原因で勘ぐりもあったのよ。うん。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2009-02-27 21:21 | ニルギンの部屋 | Comments(0)